アパレル × SDGs

アパレル業界の課題・問題点

アパレル業界は、石油業界に次いで世界で2番目に環境汚染をしている地球環境にとても大きな影響を与えている産業の一つです。また、原料となるコットンなどの生産者や縫製工場の児童労働、低賃金での長時間労働や、劣悪な労働環境による健康被害など人権問題も深刻な状況です。アパレル業界の市場規模の拡大とともに、悪影響も増しています。コンシャス・コンシューマーの増加など消費者意識の高まりからアパレル業界にサステナビリティが求められています。

アパレル×SDGs

アパレル業界ができる取り組み

  1. 1

    エコマテリアルの選択

    国際認証を取得した原料 / ビーガン・ベジタブルレザー / 土壌再生型の農業により生産された原料(コットン、麻)
    /リサイクル生地 / 天然染料

  2. 2

    循環型経済へのシフト

    衣類回収&新しい商品への再利用 / 染め直しなどのアップサイクル / シェア・レンタルサービス

  3. 3

    生産時の無駄をなくす

    ゼロウェイストファッション / 受注生産

  4. 4

    デジタル化・技術導入

    AI在庫管理、受注生産システム

  5. 5

    生産者の見える化・情報開示

    国内生産

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。