一般社団法人日本ノハム協会

日本ノハム協会 メンバーシップ規約

  • HOME »
  • 日本ノハム協会 メンバーシップ規約

メンバーシップ規約

第1条(日本ノハム協会の目的)
一般社団法人日本ノハム協会(以下「日本ノハム協会」という。)は、未来に不安のない持続可能な社会の実現に向けて、SDGsの取組を推進しながら、「ノハム」という考え方及び 「ノハムライフ」という生活スタイルを広く普及させることを目的とする。

第2条(日本ノハム協会のメンバーシップ)
日本ノハム協会は、前条の目的達成のため、SDGsに取り組む企業・組織・個人とパートナーシップを築いて、日本ノハム協会のメンバーシップに加盟し、相互に協力して、SDGs の普及・支援活動を行う。

第3条(サステナブル成長診断)
日本ノハム協会は、企業・組織・個人が、SDGsを推進する取組を支援するため、「サステナブル成長診断」のサービスを有償で提供する。

第4条(サステナブル成長診断の方法)
日本ノハム協会は、「サステナブル成長診断」のサービスを申し込んだ企業・組織・個人に 対し、日本ノハム協会の基準に基づいて、SDGsを推進する取組に関連する諸事情をヒヤリ ング・チェックシート等により情報を収集し、SDGs推進への取組の分析、及び、その分析 に基づく提案を行う。

第5条(ノハム・メンバーシップの登録)
日本ノハム協会は、ノハム・メンバーシップへの登録を申請し、かつ、前条のサステナブル成長診断の結果、日本ノハム協会が加盟を相当と判断する企業・組織・個人を、一定期間、ノハム・メンバーシップとして登録し、公開する。
2 日本ノハム協会は、前項の登録につき、所定の登録料を徴収する。
3 日本ノハム協会は、ノハム・メンバーシップを、一定期間経過後、所定の手続により更新 することができる。

第6条(ノハム・メンバーシップの活動)
日本ノハム協会は、ノハム・メンバーシップ登録企業・組織・個人を公開し、適宜、SDGsの取組に関する情報を共有し、助言や協力を行い、顕彰する等して、パートナーシップを構築する。

第7条(ノハム・メンバーシップの登録抹消)
ノハム・メンバーシップ登録企業・組織・個人が、故意または重過失により、公害を発生さ せ、若しくは、産業廃棄物の不法処理を行う等、または、日本ノハム協会及び他のメンバーシップ企業との間で知的財産権その他の侵害、不正競争等の紛争が発生する等、日本ノハム協会・メンバーシップの理念に合致しないことが合理的に明白である場合、には、日本ノハム協会は、ノハム・メンバーシップ登録を抹消することができる。
2 前項の場合には、日本ノハム協会は、既払いの登録料を返還しない。
3 前項は、日本ノハム協会の損害賠償を妨げない。

第8条(ノハム・メンバーシップの脱退)
ノハム・メンバーシップ登録企業・組織・個人は、いつでも、日本ノハム協会は、ノハム・ メンバーシップを脱退することができる。
2 前項の場合には、日本ノハム協会は、既払いの登録料を返還しない。

以上

2021年度 メンバーシップ第一期募集 / 100社限定

申込フォーム

ノハム関連SNS

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本ノハム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.