日本ノハム協会とは

すぐわかる!日本ノハム協会
6つのキーワード

SDGs・サステナビリティ専門チーム

一般企業でのビジネス経験を有するメンバーがSDGs・サステナビリティ分野での研鑽と事例研究を重ねることで、企業に寄り添うSDGs専門チームが誕生しました。
またSDGs・サステナビリティ分野の専門家や各界の有識者のバックアップにより、メンバーシップ企業・団体にSDGs関連の最新・最前線の情報を提供しています。

ノハムが重視する6つの領域

日本ノハム協会は、SDGsに示されている数多くの課題の中から、日本企業が取り組むべき重要な領域を6つに定めることで、より本質的・具体的なSDGs取り組み分析・提案を行い、企業の持続可能性を高めるための支援を行っています。

  1. 努力が報われ、
    全ての人が活躍できる社会

    • 人々に公平な機会と最適な労働条件を
    • 生きる喜びと幸せを感じられ、
      努力が報われる社会

    関連ゴール

  2. 資源のロスをなくし、
    資源循環型社会

    • 商品/サービスの企画段階から省資源・循環利用を
    • 地域や季節に応じた産品を大切に
      無駄なく使おう

    関連ゴール

  3. 人と社会のレジリエンスを高める

    • 心身の健康を維持し、復元力の高い
      社会をつくる
    • 多様性を活かしたレジリエンス

    関連ゴール

  4. あらゆる面から気候変動対策

    • 省エネと自然エネルギーの利用促進
    • カーボンニュートラルを目指し、
      温室効果ガスを削減

    関連ゴール

  5. 人間らしい生活と勤労

    • 教育・医療アクセスを確保
    • 全ての人に社会参加の機会を

    関連ゴール

  6. すべての命を大切にする

    • 生き物の命とすみかを守り
      生物多様性を大切に
    • サスティナブル人材の育成

    関連ゴール

検証・評価
約400社以上

国内約400社のSDGs・サステナビリティ活動を検証・評価。
様々な業界・事業の特性にあわせた具体的なアドバイスを
可能にしています。

支援実績 約150社(2021年5月時点)

企業ごとの事業内容や課題に合わせた分析・提案と、 相談しやすい親身なサポートが好評。
1社でも多くの企業にまずはSDGs経営に取り組むきっかけとなるよう、
明瞭な料金・プラン体系にもこだわっています。

パートナーシップで目標達成

一般社団法人日本ノハム協会は、様々な企業や団体とのパートナーシップを築きながら
SDGsの目標達成、no harmな世界の実現を目指しています。

  • 寄付・支援団体一覧

    企業活動では解決できない国際・地球規模課題の解決に取り組む団体を支援しています。企業は、収益の一部を寄付することで、直接的に寄与できない課題解決に貢献することができます。

  • 産学連携

    • [未来共創 PBL(Project Based Learning)]
    • 立命館大学経営学部 徳田ゼミ× 日本ノハム協会
    • 〜テーマ/「企業のサステナブルな魅力を最大化する」
    • Z世代に響く!企業ブランド浸透策の提案/パイロットプログラムの実行
団体・教育機関の方はこちら

組織体制

サービスご利用のフェーズごとに各専門スタッフが担当。
高い専門性を維持しながら、企業に寄り添ったコミュニケーションを心がけています。

理事・顧問一覧はこちら

日本ノハム協会は20代〜60代までの、
様々な視点を持った幅広い世代(男女比およそ5:5)の
メンバーで構成されています。

(2021年度実績)
インターンシップなどについての
お問い合わせはこちら

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。