Registration Number : NH21100029

株式会社シティビルサービス

http://www.cbs-g.co.jp/

業種

飲食事業( 茶寮翠泉/京都鴨川倶楽部/ラ・カシェット)

テーマ

  1. 株式会社シティビルサービスは、全従業員とお客様の物心両面の幸せを追求し、環境に配慮しながら永続できる企業を目指し地域社会に貢献します。
  2. ① [ 従業員の幸福 ] 働きやすい企業、働きたいと思う企業に
  3. ② [ お客様の幸福 ] すべての人に寄り添ったサービスの提供
  4. ③ [ 社会の幸福 ] 京都という特性を活かした地域社会への貢献
  5. ④ [ 環境の幸福 ] 自然に還る資材の利用で環境を守る

株式会社シティビルサービスは、全従業員とお客様の物心両面の幸せを追求し、環境に配慮しながら永続できる企業を目指し地域社会に貢献します。

SDGs

① [ 従業員の幸福 ] 働きやすい企業、働きたいと思う企業に

[ウェルビーイング(Well-being)推進]
健康経営に基づいた従業員の活力向上/生産性向上/組織の活性化

◎従業員の心と身体の健康を守る
・人事評価制度見直し(2022年より順次)
・クラウド勤怠管理システム導入
・web給与明細の導入
・メンタルヘルス ストレスチェックの実施(2023年目標)
・就業規則の改訂
・在宅勤務規定制定
・マイカー通勤規定制定

◎福利厚生の充実
・企業型確定拠出年金制度導入
・社内リフレッシュカフェスペース設置(ドリンクサーバー導入)
・社内交流を目的としたイベント開催(バーベキュー・サロン・餅つき大会)
・飲食店社割 / 甲子園チケット
・資格手当
・飲食事業店舗より社員への弁当提供(健康を意識したメニュー検討)

◎クラウド化による生産性向上
・申請書類/ワークフロ/出勤簿システムのクラウド化
・オンライン会議導入
・リモート勤務による多様な働き方
・社用PCソフトウェア統一標準化

◎京都府子どもを育む文化創造事業
・子育て環境日本一に向けた職場づくり行動宣言に基づき実践中

 

[人材教育 ]
多種多様な人材の採用、未来企業に必要とされる人材教育
◎働きがいを感じる風土づくり
・継続的な研修実施(経営理念、サステナブルビジョンの浸透)
・ SDGs 社内推進(推進チームにて定例会実施 / 社内発信)

◎多種多様な人材の採用
・外国人の雇用
・実習生/インターン受け入れ

SDGs

② [ お客様の幸福 ] すべての人に寄り添ったサービスの提供

[ 安心安全の飲食メニュー ]
誰もが安心して飲食できる食材選定/調理/商品の情報開示
◎飲食メニューの表示改善(茶寮翠泉全店) 2023年目標
・各店舗にアレルギーとカロリー表示の記載があるメニューを設置
アレルギー28項目(特定原材料7項目+特定原材料に準ずるもの21項目)

◎食品ロス対策の実施(2022年検討開始)
・TABLE FOR TWO 参加検討(2022年検討開始)

 

[多様性のあるサービス ]
国籍/年齢/性別/能力の違いに関わらず多くの方が利用しやすいサービス
◎飲食メニューの多言語表記(茶寮翠泉一部店舗)
・外国語メニュー(日本語/英語/中国語)

SDGs

③ [ 社会の幸福 ] 京都という特性を活かした地域社会への貢献

[地産地消]
京都の素材/食材の使用、バリューチェーンによる調達責任

◎食材選定における地産地消への取り組み (飲食事業全店)
・京都のお茶・黒豆・きな粉を使用したメニュー
・メニュー検討の際、季節の京野菜や京都の食材を積極的に使用

 

[ 地域活性化 ]
地域に根付いた取り組み/社会貢献への参加

◎地域伝統行事参加(祇園祭 取引先への粽配布)
◎地元自治会への参加(京都木屋町会での活動/支援)
◎歴史と文化の継承(川床)
◎ペットボトルキャップ回収活動の実施を通して社会貢献
・ワクチン支援『NPO法人世界の子供にワクチンを日本委員会(JCV)』
・リサイクルの促進、CO2の削減、売却益で発展途上国の医療支援、障がい者高齢者雇用促進の支援『NPO法人エコキャップ推進協会』
◎地域の清掃活動への参加(京都鴨川倶楽部 月1度)
京都府子どもを育む文化創造事業
・子育て環境日本一に向けた職場づくり行動宣言に基づき実践中

SDGs

④ [ 環境の幸福 ] 自然に還る資材の利用で環境を守る

[ 食品ロス削減 ]
生産/調達/調理/商品サービスまで一貫した食品ロス対策

◎食品ロス対策(生産/調達/調理)
・形が悪い商品を減らす為に、今まで以上に慎重に作成する
・調理した商品を冷凍保存し使用時・販売時に解凍
・冷凍出来ない商品は朝の仕込みを減らし、その都度作る
・仕入れ量の調整でロスが出ないよう工夫 ・魚、肉、野菜の端材など、出汁やソースに使える物は全て使用

◎食品ロス対策(商品/サービス)翠泉
・形が悪い商品/焼菓子は試食にする
・当日仕込みのみ販売可能なわらび餅は、カフェメニューの材料にする
・適正数量調整 完売のポップを使用、営業中に仕込む時間を作る
・年間の廃棄量を半分にする
◎食品ロス対策(サービス/プログラムへの参加)
・TABLE FOR TWO 参加検討(2022年検討開始)

 

[ 気候変動対策 ]
脱炭素社会を目指したサステナブルな取り組み

◎資源ロス削減/改善(2023年目標)
・再生エネルギー電力の導入 (京都鴨川倶楽部/本社高辻ビル)
・ LED照明採用(本社ビル / 賃貸物件)
・省エネの促進 (使用中以外はこまめに電気を消す)
・本社ビル事務所におけるごみ分別の徹底
・社用車のエコカー移行検討
・厨房機器など機材の切り替えの際の見直し(省エネ/ノンフロン機器)
・デジタルサイネージの導入による紙媒体の削減(京都茶寮翠泉 新宿店、渋谷パルコ店、CIAL横浜店)

◎環境に配慮した資材選定
・社内資料、申請書類のペーパーレス化
・FSC認証紙を使用した紙カップへの移行(来客対応用)
・名刺へのFSC認証紙採用
・紙ストローの導入(茶寮翠泉一部メニュー)
・サステナブル素材の制服採用(翠泉高辻本店・御池店)
・人と環境に配慮した洗剤とハンドソープを飲食事業店舗で使用(2022年使用開始)
・再生材(30%)を使用した内装材 SOLIDO を使用(京都茶寮翠泉CIAL横浜店/一部)

SDGs

この記事をシェアする

facebook twitter line
一覧へ戻る

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら