SDGs用語集

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、SDGs)とは、国連で国際合意に達した2016年から2030年までの世界の長期目標で、17の目標、169のターゲットが掲げられています。

2000年9月にニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットで採択された国連ミレニアム開発目標(MDGs)の後身です。

持続可能な開発目標は、2015年9月にニューヨーク国連本部に161の加盟国の首脳が集まり開催された「国連持続可能な開発サミット」で策定されました。

「誰一人取り残さない(No one will be left behind}」というスローガンのもと、持続可能な開発目標では飢餓や教育、経済、気候変動、海洋汚染などについて、目標が定められています。

国連ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs)の違い

国連ミレニアム開発目標は、途上国の開発問題が中心で、先進国はそれを援助する側という位置付けでした。一方、持続可能な開発目標(SDGs)は、開発側面だけでなく経済・社会・環境の3側面すべてに対応し、先進国にも共通の課題として設定しています。

それに伴い、掲げられた目標も全人類が取り組むべき課題となり、目標の数も8から17に増えてより包括的となりました。

さらに、持続可能な開発目標では、課題を解決するために、企業の創造性とイノベーションに期待を寄せており、企業の役割が重視されています。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら