SDGs用語集

分散型ホテル

分散型ホテルとは、「町全体をホテルにする」というコンセプトのもとで、宿泊スペース、飲食スペース、浴場などの設備や施設が地域内に分散して設置されているホテルのことです。点在する空き家や歴史的建造物などを改装して宿泊場所にします。また、食事や銭湯は地域のお店を活用するケースが多くあります。

分散型ホテルは、地域活性化にも繋がる期待されています。何故なら、分散型ホテルは観光客をひとつの建物に囲い込まないため、飲み屋や土産物屋など町全体が儲けられる仕組みになっているからです。

このようなメリットを持つ分散型ホテルは、全国の様々なところで増えつつあります。2018年6月の旅館業法改正により、設備や施設が地域に散らばっていてもひとつのホテルとして営業許可を得られるようになったことも、分散型ホテルの拡大を後押ししていると考えられます。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら