SDGs用語集

マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクルとは、廃棄物を利用しやすいように処理することで、新しい製品の原料として再利用するリサイクル手法のことです。「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」とも言われます。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 金属くずを溶かして新しい金属製品を作る
  • プラスチック資材を破砕・加工処理し、再びプラスチックの製品にする
  • 木くずを粉砕・チップ化し、建材や紙とする

マテリアルリサイクルには大きく2つあります。1つ目は、廃棄物を同一製品の原料に使用するレベルマテリアルリサイクルです。もう1つが、一段格下げされた分野の製品原料に使用するダウンマテリアルリサイクルです。

マテリアルリサイクルの課題

マテリアルリサイクルの課題の1つは、廃棄物の分別を完璧に行うためには人の手による分別が必要であり、人件費がかかるため全体のコストが高くなってしまうことです。また、廃棄物を原料として繰り返し使うので、異物混入によるある程度の品質劣化は避けられません。

高品質を保つには、リサイクル原料の洗浄や脱臭、製品成形・加工の再設計などの技術的が必要です。しかし、その部分も全体のコストを引き上げる原因となっています。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら