SDGs用語集

マインドフルネス

マインドフルネスとは、「今、この瞬間に意識を向けること」を言います。過去や未来ではなく、今自分の周りで起こっていることに注意を集めることです。

また、マインドフルネスとは仏教の経典で使われているパーリ語の「サンマ・サティ」のサティの英訳にも当たります。日本語の類語としては、気づき、集中、注意深い、などがあります。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想とは、注意深く気づいている、マインドフルな状態に自分を持っていくための代表的な方法のことです。瞑想方法は、体の各部分に注目するボディー・スキャンや、歩きながら行う歩行瞑想法など様々な種類がありますが、いずれの場合も呼吸法が土台となります。

マインドフルネス瞑想の効果は、ビジネス上のメリットとして以下のものが挙げられます。

  • 怒り、哀しみといった感情を上手く取り扱えるようになり、人間関係が良好になる
  • 集中力が向上し、仕事のパフォーマンスが上がる
  • 意思決定能力が高まる
  • ストレスが軽減される

また、以下のような身体的効果もあります。

  • 睡眠障害、めまい、背中の痛みなど、慢性的な健康問題が解消される
  • 減量や健康的な食生活につながる
  • 免疫力が高まる

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら