SDGs用語集

マイクロツーリズム

マイクロツーリズムとは、自宅からおよそ1時間圏内の地元や近隣への短距離観光のことです。新型コロナウイルスによって打撃を受けた観光業界を救う手段の一つとして、株式会社星野リゾートの代表 星野佳路氏が提唱しました。

マイクロツーリズムのメリット

マイクロツーリズムでは、コロナ禍で長引く自粛生活の中でも保養目的の小旅行を楽しむことで、暮らしに活力を取り戻すことを目的としています。さらに、これまであまり注目されていなかった小さな旅館の需要も高まっているため、地域活性化の手段としても注目が集まっています。

マイクロツーリズムの事例としては以下のものが挙げられます。

・星野リゾート トマム

・星のや東京

・月岡温泉観光協会

コロナ禍で注目されたマイクロツーリズムですが、アフターコロナにおいても安心、安全、清潔は今後の旅先選びでも重要な条件となるため、観光地や宿泊先の衛生管理の徹底は必要でしょう。

また、マイクロツーリズムによって地産地消が促され、地域内での人々のつながりが強化されると、地域の中での経済循環がより活発になるという見通しもあり、地方経済へのプラスの効果へも期待がかかっています。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら