SDGs用語集

マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、多くのフォロワーを持ち消費者に影響を与えるインフルエンサーの中でも、より小さくニッチなジャンルに特化して発信をするインフルエンサーのことです。特定のジャンルに関心のあるコミュニティにはリーチしやすく、商品購入や購読などのエンゲージメント率が高い傾向にあります。

例えば、東南アジアの旅に特化したインスタグラマーや日本全国のスイーツを紹介するツイッターなどが挙げられます。企業などの広告主にとっては、通常のインフルエンサーと同じく情報拡散のキーパーソンとなります。しかし、インフルエンサーとの違いは「ある界隈では有名な人だが、一般的に知られているわけではない人」だということです。

マイクロインフルエンサーは何故重要なのか

マイクロインフルエンサーマーケティングと呼ばれるマーケティング手法が近年登場しました。企業が商品をマイクロインフルエンサーに提供し、特定のコミュニティに向けてPRをしてもらうというものです。マイクロインフルエンサーには具体的なターゲットが存在します。拡散力は通常のインフルエンサーに劣りますが、より確実に「必要としている人」に深く情報を届けることができます。今後、このようなマーケティング手法はさらに増えていくことになるでしょう。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら