SDGs用語集

ソーシャルデザイン

ソーシャルデザインとは、社会ために制度やインフラ等の「街に関するあらゆる要素」を設計することです。聞き馴染みのある言い方をするのならば、「社会づくり」や「街づくり」。

一般的なデザインとは異なり、モノの外観や形を決めていくのではありません。社会全体を対象としたデザインであるため、その社会を構成する一人一人も考慮します。その結果、街の育児や教育、福祉、災害、産業などに関わる様々な課題を解決し、よりよい社会を構築することとなります。

米国のソーシャルエンジニア、ジャック・フレスコは「社会システムの未来は科学的な手法でデザインする必要がある。ソーシャルデザインは、人間を幸せにする力につながるプロセスである」と述べています。

デザイン業界では、「ソーシャルデザインは人間の幸福と生活の向上に寄与するデザインプロセス」と定義されています。人的資本と社会的資本を有益なプロダクトやプロセスと合わせることで、そのプロセスが人々の幸福を支える社会と基盤になります。

アートの世界では、社会的な要素を採り入れた作品をソーシャルデザインという言葉をつかって説明する場合があります。この場合は「街づくり」という意味合いとは、やや異なっていきます。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら