SDGs用語集

ステークホルダー資本主義

ステークホルダー資本主義とは、企業の活動に関わるすべてのステークホルダーとの関係を重視し、企業活動を通してステークホルダーへの貢献をめざす長期的な企業経営のあり方をいいます。

資本主義経済では、企業が経済活動を通して利益を追い求めることが推奨されてきました。

しかし、近年では、金銭的な利害関係のある株主や従業員だけでなく、行政や地域、社会、環境といった企業を取り巻くすべての相手を含めたステークホルダーをとの関係構築が重視されています。

株主資本主義との違い

アメリカで主流とされてきた株主資本主義とは、企業経営は株主の利益を最大化するべきと考える資本主義のあり方です。

これに対し、ステークホルダー資本主義は、企業は株主への貢献を第一として利益を追い求めるのではなく、企業活動に影響するすべてのステークホルダーに貢献すべきだという考え方です。

ステークホルダー資本主義のメリットとデメリット

ステークホルダー資本主義のメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

・事業を通じ、社会課題解決へ貢献する企業が増えます。

・雇用格差が是正され、従業員が働きやすい環境が実現されやすくなります。

一方、ステークホルダー資本主義のデメリットには、以下のようなことが挙げられます。

・企業の社会課題への貢献は、外面のパフォーマンスだという批判が起こる可能性があります。

・経営者のコミットとIR、CSR広報力によって、企業間格差や投資家からの評価の差が生まれます。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら