SDGs用語集

シェアリングエコノミー(共有型経済)

シェアリングエコノミーとは、日本語で言うと「共有型経済」であり、個人が保有するモノや場所、スキルなどの貸出を、インターネット上のプラットフォームを介して行う仕組みのことです。

具体例としては、レンタルスペースやフリマアプリ、カーシェアが挙げられます。

大きな企業が個人に対してサービスやモノを提供するのではなく、個人間でのやりとりが基本となります。

シェアリングエコノミーのメリットとデメリット

シェアリングエコノミーのメリットとしては以下の4点が挙げられます。

  • 貸主が普段使っていないモノやスペースが一つの収益源になること。
  • 本来なら捨てられるモノでも誰かの役に立ち、ごみが減ること。
  • シェアサービスの普及により、モノの生産を抑えて環境負荷を下げられること。
  • 借主がより安価にサービスやモノを利用できること。

一方、シェアリングエコノミーには以下のようなデメリットもあります。

  • 企業はプラットフォームだけを提供するため、個人間でトラブルがあったときに責任の所在が曖昧であること。
  • 個人が提供するモノやサービスなので質は担保されないこと。
  • 知らない人と知り合うときの安全性が担保されているわけではないこと。
  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行
  10. わ行
  11. A~G
  12. H~N
  13. O~U
  14. V~Z
  15. 数字

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。

詳しいサービス内容はこちらから

資料をダウンロードする お申込みはこちら