一般社団法人日本ノハム協会

no harm / ノハム とは?

  • HOME »
  • no harm / ノハム とは?

noharm/ノハムとは?


no harm、つまり「害がない、悪い影響をもたらさない」

「ノハム」とはno harm 害がない(悪い影響をもたらさない)という意味で、同時に誰も傷つけない(誰も取り残さない)という思いが込められています。
長年経済成長に集中するあまり見落としてきたことを見つめ直し、企業が倫理観と責任感をもって行動するためにもSDGsへの貢献が必要です。

ノハム認証によって多くの中小企業がSDGsへ取り組むきっかけとなり、ガイダンスによってSDGsへの貢献度を知ることができる為、意識も高まります。また、未来の子供達が安心して住むことの出来る世界をつくるためにも、自然界の秩序を維持しながら『経済 環境 社会』の3つが調和したサステナブルな世界を、企業から個人へそして多くのステークホルダーにまで波及させる役割を担います。

「食」「住宅」「保育」「介護」と人の生活に密接したカテゴリーに関わることでボトムアプローチとなりSDGsを身近に自分ごととして捉える様になるのです。
難しく考えがちな17の開発目標と169のターゲットから関連するものを整理し具体例を示すことで、価値の源泉である顧客満足,食の安全、ロスの最小化、リサイクル、リユース、二酸化炭素削減、働き方などのゴール設計に容易に取り組みやすくすることもノハム認証の特徴です。
2030年までに、誰一人取り残さない持続可能な社会の実現に向けて取り組みます。

10月限定無料相談フェア075-822-8080受付時間 10:00-17:00 [土日祝日除く]

お問い合わせ

ノハム関連SNS

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本ノハム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.