今年の世界の食と栄養のトレンドワードは、昨年同様“Plant based(プラント・ベースド)”と“食品ロスの削減”!
※Plant basedとは「動物性食品の代わりに、肉の代用品や精製されていない穀物、豆や種実、野菜や果物などの植物性食品を積極的に取り入れましょう」という食生活のこと

国連で持続可能な開発目標(SDGs)が決められことによりアメリカを中心に認識されていたPlant basedという食生活。

2020年は先進国を中心に一般的に広がる段階を迎え、近い将来、標準になっていくと考えられます。

現在海外の食のトレンドも誰もが食べたいものを食べたいだけ口にするのというこれまでの飽食型の食生活からの卒業し、自分自身や家族の健康のため、また環境保護のためにも、一人ひとりが食生活を見直す時期にきているのです。

新型コロナウィルスによる世界規模の自粛規制など、今までと環境が変わる時だからこそ、心も身体も未来にも優しい食生活を心掛けていきましょう!