Registration Number : NH21100007

株式会社 笹屋伊織

https://www.sasayaiori.com/

業種

京菓匠

テーマ

  1. 和菓子を通じて、美しい日本文化と伝統 そして自然環境を守り続けます。
  2. すべての従業員を家族のように想い、 誰もがやりがいをもって自分らしく輝ける企業を目指しています。

和菓子を通じて、美しい日本文化と伝統 そして自然環境を守り続けます。

古くから和菓子は、植物由来の原材料を使い美しい日本の季節を表現してきました。
当社は”栗(韓国産)”を除くすべての原材料を京都を中心とした日本国内で調達し、「丹波大納言小豆」 「備中白小豆」など品質が良いにも関わらず生産者が減少している伝統的な原材料を積極的に使うことで、国内の農業の持続化を支えています。

また自然の恩恵から産まれた原材料で作られる和菓子の企業として、事業を行うことで起こりうる環境負荷の低減や環境保護活動への参加を積極的に行っています。具体的には「自然由来の菓子包装使用(竹の皮や竹そのもの、桜の葉など)」「2019年より過剰包装廃止」「パッケージング不要なデザインの採用」などで す。京都市南区の工場周辺の緑化を行ったり、女将自らが一般社団法人自然文化環境推進機構の理事として活動するなど、本業以外の場面でも環境保護に意欲的に取り組んでいます。

2020年には新型コロナウィルス感染症流行の影響で百貨店が営業ストップしたことにより、販売の機会を失った和菓子を、医療従事者やこども食堂など、必要としている方のもとへ寄附をすることで、食品ロス削減の一助ともなりました。

日本文化を広め、守る取り組みとしては、マレーシアやロシアの学生に和菓子・抹茶体験の場を提供したり、地域の市立小学校の4年生を対象に社会科の授業に職人が出向き、日本・京都の文化の学習機会に協力するなど、世界へそして次世代へ日本文化と伝統を伝え継承しています。

SDGs

すべての従業員を家族のように想い、 誰もがやりがいをもって自分らしく輝ける企業を目指しています。

江戸時代に創業した世界でも稀少な老舗企業である当社は、京都を中心とした多くの和菓子職人をはじめとする素晴らしい従業員の手によりその歴史を紡いできました。
”従業員を家族のように想う”という、古くから経営層が大切にしてきた姿勢は現代にも受け継がれており、過去には職人として82 歳まで、営業担当者として70歳まで正社員として勤め上げた例もあり、単なる”仕事”ではない”生きがい”を創出しています。

また従業員が当社を卒業し職人として独立した後もスタートアップのサポートを行っており、相談しやすい関係性を続けるだけでなく、パートナー企業(取引先)を紹介するなど、独立して間も ない時期でもその職人が良い環境で和菓子づくりができるようフォローしています。

従業員の男女比は1:9と圧倒的に女性が多く、出産や子育てを経ても働き続けられる環境が整えられています。また全従業員を対象に「ハラスメント研修」を実施しており、”社外”にハラスメント相談窓口を設け、周知されていることは、女性の多い職場においてプライバシーにも配慮された安心感のある取り組みです。

SDGs

株式会社 笹屋伊織
株式会社 笹屋伊織
株式会社 笹屋伊織

この記事をシェアする

facebook twitter line
一覧へ戻る

SDGs経営支援プラン
お申込み受付中

専門チームがサステナブルな企業経営を
トータルサポートいたします。